薬剤師になって役に立った求人サイトの活用

薬剤師なら求人サイトで効率よい転職活動ができる

病院の薬剤師から第二新卒として転職することに | 友人の勧めで薬剤師の求人サイトに登録 | 薬剤師なら求人サイトで効率よい転職活動ができる

私の場合には病院勤務は厳しいから調剤薬局を選びたい、給料はできれば今までと同じくらい欲しい、休日出勤や残業は特に気にしないという希望があったので、それを条件にして検索をかけるとあっという間に候補が絞られたのです。
その中から特に給与の高さや自宅からの近さで魅力があったものを3つに絞り込み、順次応募をしてみることにしました。
病院勤務の経験があると調剤薬局への転職はブランクがなければ比較的楽らしいということも知人から聞いていたので、そのキャリアを前面に出して新たな気持ちで働きたいことを告げると、面接で速やかに採用を決めてもらうことができました。
ただ、最初に受けたところで採用されるとは思っていなかったので、第二希望から受けてしまったのが失敗だったとその時点では後悔したのは確かです。
ただ、退職に時間がかかるという説明をして契約は先延ばしにしてもらうことができました。
そこですぐに第一希望の調剤薬局にも応募してみましたが、意外なことに書類だけで落とされてしまって面接にすら至ることができませんでした。
その後に求人が下げられてしまっていたことを考えると、もう既に候補者が決まっていたのだと思います。
その状況になってすぐに第二希望と思っていたところに連絡をして採用を決定してもらいました。
実際には病院をやめるまでに引き継ぎで一ヶ月少々かかってしまいましたが、思い立ってからわずか三ヶ月程度で転職を実現することができたのは求人サイトがとても使いやすくできていたからだと感じています。
転職しようと考えたらまずは薬剤師なら求人サイトを利用すると役立つということが身にしみてわかった自分の転職経験でした。
仕事の負担も適度になって、病院で働いていた頃に比べて仕事もプライベートも充実しています。